一流の男性が精力が強い理由とは?

MENU

男性ホルモンは孤独に打ち勝つパワーがある

孤独な男

 

積極的に人と交流することは、男性ホルモンにとってプラスに働きます。

 

しかし、孤独を決して恐れてはいけない。

 

孤独と悟られるのは恥ずかしい等というメンタリティは少なくとも男性ホルモンに対してネガティブに働いてしまう。

 

そもそも、男性ホルモンは一匹オオカミでも大丈夫というメンタリティを高める作用をもたらします。

 

男は男性ホルモンによって孤独を愛する意識を持っているのである。

 

 

 

一方、女性は男性とは逆で絶えず誰かと一緒にいたいという気持ちが強い。

 

女性ホルモンがメンタルをそういう方法に加速させるのである。

 

縄文時代くらいの話になりますが、女性は群れることで自分を守ってきた。

 

特に子どもをもった女性は、群れの中にいないと肉食獣の餌食になってしまう。

 

だれかと一緒にいたいという女性の親和欲求は、女性ホルモンとともに本能的に身につけてきたのだろう。

 

 

男は個の力で戦う

 

それに対して男性は、みんなで協力して獲物を獲ろうという事はあるが、基本的には個の力であってひとりで狩りにいけないといった男は無能者の烙印をおされてしまう。

 

だからと言って孤立することは良くないと思うが、男たるもの孤独を恐れてはいけない。

 

男性ホルモンは孤独に打ち勝つパワーを高めるのだから。

 

 

 

ストレス解消法の違い

 

ストレス解消法の違いで一流と二流を分ける。

 

強めのストレスがかかると男性ホルモンの分泌が抑えられます。

 

男性ホルモン分泌の最大の敵はストレスです。

 

とはいっても生きていく以上ストレスをゼロにすることは不可能で誰もがストレスからは逃げられないのです。

 

みんな日々同じようにストレスを感じているのだが、一流の人と二流の人の違いはストレスを感じた時の対処法にあります。

 

 

 

ストレス解消法はそれぞれです。

 

 

 

基本的には、自分の好きなことをやればいいのだが、やけ酒、ふか酒、パチンコなどのギャンブルはおすすめできません。

 

その時は気分が高まるかもしれないが、後になって後悔することが非常に多いからです。

 

何よりもストレス解消のはずが、体を壊したり、依存症になるなど新たなストレスを生むことになるからだ。

 

こうした破滅型のストレス解消法は決してプラスには働かない。

 

むしろ自分を傷つけるだけだ。

 

一流の男は健康的な方法でストレスを発散し、気持ちを切り替える方法を知っています。

 

 

 

例えば、ジムなどで体を動かす、散歩をする、好きな映画&音楽を楽しむ、スポーツ観戦に出かける、趣味に没頭するなど、自分の好きなことでよいのだけど、ポジティブで心地よいストレス解消法をおすすめする。